色の三原色

色の三原色

色の三原色:原色とは全ての色の元になる色の事を言います。

 光の三原色と加法混色:光の三原色はR(赤(Red))、G(緑(Green))、B(青(Blue))を指します。色を混ぜ合わせるにつれて、色が明るくなる(光のエネルギーが加算される)混色を「加法混色」といいます。三色の色を加えていくと白になります。
光の場合にはこのの3つの色を使うと、ほぼすべての色が再現できます。この3つの色を、「光の三原色」といいます。カラーテレビや、コンピュータのカラーディスプレイの発光体には、この3原色が使用されています。
下の図は、光の三原色を混ぜたときにできる色の様子を示したものです。

色材の三原色と減法混色:色材の三原色はY(黄色(Yellow))、M(赤紫(magenta))、C(青緑(cyan))を指します。色を混ぜ合わせるにつれて、色が暗くなる(光のエネルギーが減少する)混色を「減法混色」といいます。この3つの色を加えていくと黒になります。減法混色を利用したものの代表的なものは、カラー写真や印刷などです。

左図に色料の三原色の混色の様子を示します。印刷の場合、原理的には理想的な反射特性を持った原色であれば、3色を混ぜ合わせて黒になるのですが、実際のインクは、理想的な反射特性にはなっていないので、3色を混ぜ合わせても黒にできず、ごく暗い茶色のような色になってしまいます。そのため、特別に黒インクを追加し、合計4色で実用化されています。

コンピュータグラフィックでの色の表現:コンピュータのグラフィックでは光の三原色による色の表現利用しています。色の表現は、R、G、Bの量を変化させることで全ての色を再現しています。R、G、Bそれぞれが、何段階使用できるかで、再現できる色の数が決定されます。例えば、RGBがそれぞれ8段階しか使用できないものの場合には、8X8X8=512色の表示能力ということになります。RGBがそれぞれ256段階の場合は表示色数は、256X256X256=16,777,216色となりフルカラー表示といいます。

下のRGBのスクロルバーをドラッグすると、RGBの量が表示され、混色された色が画面に表示されます。
RGBは0~255までの256段階での数値で、数値が255のときに、その色の光の量が100%(最大)となります。
左側の数値は10進表示、右側の数字は16進の数字で示しています。

16進法の表記では、0~9とA~Fまでの16種類の文字で数を表示する方法で、A=10、B=11、C=12、D=13、E=14、F=15、255=FFで表記されます。

下、左側の表はRGBの値と表示色の関係を示してあります。お試下さい。


区分 設定 10進 16進
背景 文字 

色見本



表示色
255(FF) 0(0) 0(0) R(赤色)
255(FF) 255(FF) 0(0) Y(黄色)
0(0) 255(FF) 0(0) G(緑色)
0(0) 255(FF) 255(FF) C(青緑)
0(0) 0(0) 255(FF) B(青色)
255(FF) 0(0) 255(FF) M(赤紫)
255(FF) 255(FF) 255(FF) W(白色)

予約システム

セミナー予約システム

スクール予約システム

サロン予約システム

手形割引